何故、今、マンション経営なのか。

持ち家を持てないとかが得ている人が多いことから、マンション経営の将来は明るいというデータが出ている。

何故、今、マンション経営なのか。

何故、今、マンション経営なのか。

ある銀行のシンクタンクが調べたところ、持ち家を、将来、持つことが可能かという質問に、可能じゃないと考えている人が多い、というデータがあります。そこに見えてくるのは、都市部での土地付きの建物が高い価格が、依然として、それなりに維持しているところにあります。これは、その価格に見合った金額をだし、税金も払ってメンテナンスをして住むということに対して、給料の面からいって、問題があることを示していたりします。家というのは、建てた後に、かかる費用や税金というのが、ばかにならないところがあって、そのような経費負担ができないと考えていることからきています。

その点、賃貸などのマンション経営でのマンションというのは、先の税金やメンテナス費用というのが掛からないので、後にかかる負担というのが少ないところに魅力があったりします。そのことから、マンション経営をしている人にとって、将来的に明るいというデータを、そこに見ることができたりします。それは、そのような経営者の中には、人口減に伴う縮小も考えれることでもあったので、ある意味、明るい材料といえるデータということが言えます。ただ、勘違いしてはいけないのは、何にも考えないで、マンション経営を行うこととは、また別の意味もあったりするので、注意が必要です。

Copyright (C)2015何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.